スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    フィッシングサイト:マスターカードサイト装ったサイト急増 トレンドマイクロ

    トレンドマイクロは19日、マスターカードを装った日本語のフィッシングサイトを、同日正午までに152件確認したと発表した。12月3日ごろから急増しており、トレンドマイクロが最近1週間に確認した44件のURLを分析した結果、計988件のアクセスがあり、99%が日本国内からのものだったという。同社は、日本人を狙った可能性があるとして注意を呼びかけている。マスターカードもホームページで注意を呼びかけている。

     トレンドマイクロによると、URLはいずれも「mastercard」という文字列が含まれ、末尾が/account.php で終わる。152のURLに対し、ドメイン、IPアドレスとも計三十数件しかないため、同一犯がなんらかのツールを使って開設したとみられる。アクセスすると、「Update Your Credit Card Online」と書かれた入力フォームが開く。カード上の名前や、住所などを書く欄があり、入力すると、情報を盗まれる危険がある。メールで送られてくるケースもあるという。

    毎日新聞 2012年12月19日

    ///////////////////////////////



    オンラインバンキングを利用する人は年々増加しており、残高照会や振り込みは自宅やネットカフェ、携帯やスマートフォンで操作して利用している人が多い。
    これらは便利であり、窓口やATMを利用するよりも手数料が掛からない取引としても有用な方法である。

    フィッシングサイトとは、ブックマークしたり検索して表示される銀行やクレジットカードのログイン画面が表示される際に、ポップアップ画面(インターネット画面の上に浮き上がって表示される画面)を表示したり、本家とは違う画面を表示させてIDやパスワードを入力させて情報を盗み出す。
    実際には、疑うことができないほどの精度で、妖しいと思う人は少ない可能性がある。
    これは特定のURLに対してポップアップ画面を付与する技術があるためだ。
    この場合、本家のホームページの上にのしかかってポップアップ画面が表示されるため、だまされる人は非常に多い。
    実際にはブックマークしていたアイコンをクリックしてもポップアップ画面が表示されることがある例がある。

    基本的には企業は銀行・クレジットカードのクレジット情報という重要な情報に対して、定期的にパスワードを変更して過去の情報からのアクセスを守る意図がある。
    しかし、ある一定期間パスワードを変更しない場合に、パスワード変更をさせる画面を表示している会社もあるため、ポップアップ画面が表示されたときに「ああ、またか」と思って入力する人もいる。

    でも実際には、IDの確認やパスワードの変更という行為に対してはポップアップ画面を使用していない。
    ポップアップ画面での入力や変更は危険なため、通常は使われないからだ。
    だから、ポップアップ画面は全て疑って信用してはならない。通常での表示画面ではないということを念を押して認識しておくことだ。
    そのうえで実際にポップアップ画面が表示されたら日中に銀行やカード会社に電話して、このような画面を現在表示しているか?と問い合わせたらいい。
    自身が眺めている状態を口頭で説明して確認させることで正常な画面か偽造かは確認できる。
    こんなことで行員の手を煩わせるのはちょっと・・・などと思ってはいけない。
    銀行も利用者への損失補てんのためにマイナスになることから、詐欺は全てふさぎたいのだから、情報収集することになる。


    基本的に銀行やカード会社、ポイントサイトも基本的にホームページを持っている。
    そのため、そのホームページ内の入力項目での入力が基本になっているため、ポップアップ画面は利用していない。
    だから、ポップアップ画面上での入力は基本的に怪しいと思うべきだ。
    ただ、CMとしてのポップアップ画面は表示されることがあるため、勘違いしてしまう。


    これを防ぐポイントとしては、検索ではなくインターネットURLを直接入力して表示させることだ。
    検索の場合、本家よりも上位に表示される設定がされていたらそれを信じてしまう人もいるだろう。
    その上でポップアップ画面上での入力を全て防ぐ。
    しかし、企業からのサービス画面でもあるため、その場合はクリックしてベース画面上に遷移しての何らかの操作であれば大丈夫であろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    251位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。