スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    覚せい剤使用:「緊急避難」認め逆転無罪 東京高裁

    覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた無職男性(50)の控訴審判決で東京高裁は18日、「暴力団幹部から頭に拳銃を突き付けられ注射を強要された」とする男性の供述の信用性を認め「緊急避難が成立する」と判断、懲役2年8月の1審・横浜地裁判決を破棄し無罪を言い渡した。

     小西秀宣(ひでのぶ)裁判長は「男性の供述は具体的で客観的状況とも符合している」と指摘。「生命の危険への切迫度は大きく、その場を離れるには覚醒剤を注射する以外になかった」として、刑法が罰しないと規定する緊急避難に当たると認定した。「罪とはならず、無罪」と結論付けた。

    毎日新聞 2012年12月18日 18時52分

    ///////////////////////////////



    覚せい剤使用したが、無罪。
    生命の危険への切迫度は大きく、その場を離れるには覚醒剤を注射する以外になかったため無罪。

    多くの例では覚せい剤を強要されることが多い。
    興味本位で自ら注射する人もいる。
    実際には、覚せい剤の常習性により自ら求めてしまう。
    「薬が欲しければ売って金を稼いで来い。その金で薬を売ってやる。」と言われ、売人に仕立て上げられる。

    強要されたとしても、ほとんどは認められず有罪とされる。

    今回のケースはめったにない判例になる。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    240位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    104位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。