スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    成年後見人の弁護士が着服か 大阪弁護士会が懲戒請求

    大阪弁護士会は17日、成年後見人を務める女性の金約1326万円を着服したとして小幡一樹(おばたかずき)弁護士(44)を同会綱紀委員会に懲戒請求したと発表した。11月15日付。小幡弁護士を選任した大阪家裁は今月13日、業務上横領容疑で大阪地検に告発したという。

     同会によると、小幡弁護士は2月、成年後見人として管理していた60代女性の土地や建物を売却。代金約1326万円を自分の口座に振り込ませたという。10月に女性側が家裁に連絡。小幡弁護士は会の調査に「別の複数の民事事件の支払金にあてた」と認め、全額を返したという。

     今後、同会の綱紀委員会が「懲戒処分相当」と議決すれば、懲戒委員会が懲戒処分にあたるかを決める。

     同会では10月にも、成年後見人を務めた女性の預金約550万円を着服したとして別の弁護士(44)が業務上横領罪などで起訴された。藪野(やぶの)恒明会長は「横領事案が短期間に重なり誠に遺憾(いかん)」との談話を出した。

    朝日新聞 2012年12月18日2時24分

    ///////////////////////////////////////



    このようなニュースは年に数回流れる。
    他にも着手金を受け取っておきながら弁護士が提起せず放置しているケースもある。

    弁護士の報酬は一定割合の範囲内と定められ、依頼者が得られる代金を直接受け取ることはできない。
    このような事件を起こした弁護士は永久に弁護士の資格をはく奪し、かつ罰則を設けてほしい。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    304位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    135位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。