スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    アップルのサムスン製品販売差し止め請求、米裁判所が棄却

    米地方裁判所は17日夜、韓国サムスン電子(Samsung)のスマートフォン(多機能携帯電話)の米国内での販売差し止めを求めていた米アップル(Apple)の訴えを棄却した。

     特許侵害訴訟ではアップルが勝利していたが、該当機能が消費者の購入の決め手になったことをアップルが証明できなかったと、ルーシー・コー(Lucy Koh)裁判官は述べた。

    「特許侵害の機能が使われているとはいえ、侵害していない機能もはるかに多く搭載されている。差し止めを裁判所が決定すれば、消費者はこれらの機能を利用することができなくなる。この度のケースのように、複合的で多数の機能を搭載した製品の限定的な部分にのみ特許侵害がある場合、その電話を市場から取り除くことは、公益に反する」(ルーシー・コー裁判官)

     コー裁判官は、特許で保護された「中核でない機能」を理由にスマートフォンを消費者から奪うことは公益に反すると述べ、さらに、「第1にして最も重要な点として、アップルはサムスンによる特許6件の侵害と、受けた損害との関連性を示すことができなかった」と述べた。

     アップルが求めていた販売差し止めは、サムスン製品26点だけでなく、サムスンが今後発売するアップルの特許を搭載した全モデルを含む「極めて広範囲」に及ぶものだった。

     サムスンは8月、アップルが持つスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」やタブレット型端末「iPad」の特許技術を自社のスマートフォン、ギャラクシーS(Galaxy S)で無断で採用したとして、10億5000万ドル(約880億円)の賠償支払いを命じる評決が下されている。

    AFP BBNews 2012年12月18日 17:57

    //////////////////////////


    米カリフォルニア州北部地区米連邦地裁(サンノゼ市)はサムスンの26の機種についてアメリカでの販売の差し止めを求めていたアップルの訴えを棄却した。
    判事はこの中で、「サムスン製品によるアップル特許の侵害はスマホの幅広い機能の一部にとどまり、販売禁止までは必要ない。」と述べ、「販売終了機種が多く含まれる」と指摘した上、アップルは「iPhone(アイフォーン)」の特許が消費者の需要を押し上げたことを示す十分な証拠を提示していないことも判断理由に挙げた。
    一方で、裁判所は、巨額の賠償を命じた陪審の評決の破棄と再審を求めていたサムスンの訴えも退けた。

    アップルは8月に同地裁でサムスンの26製品がアップルの特許6件を特許侵害認定とサムスンによる約10億5000万ドル(約880億円)の損害賠償支払いの陪審評決を勝ち取った。
    その上で、26機種の恒久的差し止めを請求。その後、大画面スマホの最新機種「ギャラクシーS3」を差し止め対象に追加した。
    また、賠償額をアップルは連邦地裁の陪審評決が約10億5000万ドル(約880億円)とした損害額についても異議を申し立てており、18億ドル規模に引き上げて係争中で、最終的な判決の行方が注目される。

    棄却後のアップルの対応は現在不明で、アップルの広報担当者もコメントしていない。


    ルーシー・コー(Lucy H. Koh)判事
    1_20121219173129.jpg


    彼女はカリフォルニア州北部地区でのアメリカの地方裁判所の裁判官になった最初のアジア系アメリカ人。
    朝鮮系アメリカ人の最初の地方裁判所裁判官。
    最初の女性の韓国系アメリカ人裁判官および2番目の韓国系アメリカ人連邦判事。

    韓国系だからと言ってサムソンに有利に判決しているといううがった見方もできるが、今年8月のサムスンに対する特許侵害と約10億5000万ドル(約880億円)の賠償支払いを命じる評決も同じ人が判決を下している。

    一方、ドイツではサムスンのタブレット「ギャラクシー10.1」販売差し止めを確定。
    オランダは先に、サムスンのスマートフォン「ギャラクシーS」「ギャラクシーS2」「ギャラクシーエース」の販売禁止。
    他に韓国ではアップルのスマートフォン「iPhone」「iPad」、サムスンの「ギャラクシー」を販売禁止。


    ■サムスン製品の部品構成■
    液晶部品
    ・偏光ガラス(リコー)
    ・カラーフィルター(凸版印刷、大日本印刷)
    ・光学フィルム(日東電工、住友化学)
    ・バックライト(スタンレー電気)
    ・液晶(チッソ、メルク(ドイツ)、住友化学) 日本が7割

    製造装置
    ・光学フィルム原料(富士フィルム、JSR)
    ・TFT露光装置(キヤノン、ニコン)
    ・ステッパー(ニコン、キヤノン)、
    ・切削装置(ディスコ)
    ・洗浄装置、検査装置(アドバンテスト)

    携帯部品
    ・カラー高細微液晶(セイコーエプソン)
    ・水晶振動子(大真空)
    ・コンデンサー(村田製作所)
    ・音源ユニット(ヤマハ)
    ・バイブレーター(コパル)
    ・金型(日本製鋼所)
    ・CDMA、規格制定、チップセット(米・クアルコム)

    特許
    ・NECやエプソンなど日本企業がほとんどを占める


    サムスン製品が売れることは日本企業にとってよいことである。
    もちろんアップル製品にも日本企業は供給しているので、どちらも売れれば日本企業にとってよいことである。
    アップルがサムスンをデザインで訴え、サムスンがアップルを通信技術で訴え、しかも世界各国でそれぞれ訴えている現状、消費者には直接関係ないしメリットないしの裁判だが、これらの裁判はいつ終わるのだろう。


    確かサムスンは880億円を全て5セントコインでトラック30台で米アップルに送りつけてたな。
    こういう嫌がらせもするのがサムスンだし。
    ちなみにバーコードの左端が「880」の製品は韓国製。これ豆知識ね。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    223位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    96位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。