スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    「PC遠隔操作事件」犯人の高笑い 「報奨金300万円」でも逮捕困難か

    他人のパソコン(PC)にウイルスをしのばせて遠隔操作し、誤認逮捕による被害者を出す事態を引き起こした「PC遠隔操作事件」の犯人が、いまだに捕まらない。

     警察庁は2012年12月12日、捜査情報提供者に300万円の報奨金を出すと発表した。殺人など凶悪事件でなくても公的懸賞金の対象とする初の措置だ。それだけ捜査が難航しているとも考えられる。


    通信履歴が追跡できないうえ「初動のミス」が大きく影響

     真犯人を名乗る人物から「自殺予告」ともとれるメールが弁護士やマスコミ各社に送られたのは、今から1か月前の11月13日。メールに添付されていた画像の撮影場所や日時の情報をもとに、警察は横浜市保土ヶ谷区で集中的に捜査を行ったようだが、画像の情報そのものが改ざんされていた疑いが強く、犯人探しは空振りに終わってしまった。

     11月30日には、札幌市のレンタルサーバー代理店「ゼロ」がこの事件について、警察から捜査協力を求められたと発表した。同社の回線とパソコンを使ってインターネット掲示板「2ちゃんねる」へ接続し、犯人が書き込んだ記録がないかを確認したのだという。一方で同社は「『2ちゃんねる』のサーバーに管理者として接続する権限もパスワード情報も持っていません」として、警察が入手したパスワードによる2ちゃんねるサーバーへのログイン依頼を「捜査協力の範囲を超えている」として断ったことを明らかにしている。

     捜査が難航する中で、警察は報奨金設定に踏み切った。「一定のプログラミング知識を有しているものと考えられます」「『2ちゃんねる』を常時利用していると考えられます」などと、犯人の特徴が箇条書きにされている。ただ、これまで明らかにされた情報以上のものは含まれておらず、また犯罪内容の特性から犯人の容姿に関する記述はない。聞き慣れない「専門用語」もあり、ネット事情に通じている人以外に、どこまで広く理解される内容かは微妙だ。

     ITジャーナリストの井上トシユキ氏はJ-CASTニュースの取材に、「犯人逮捕は難しい」と話す。犯人が使用したメールの発信元が分からないように匿名化するソフト「Tor(トーア)」により、通信履歴の追跡が不可能なのが大きな理由だ。今から考えれば、警察が初動の段階で「サイバー犯罪のプロが担当していれば、事態は変わったかもしれません」。確かに犯人はTorの使用をはじめ、証拠を残さない点でぬかりない。ネットに長年親しんでいて、専用ツールや方法を「よく知っている」レベルではあるようだ。


    報奨金呼びかけの犯人像役立たず?

     警察は事件解決のため、相応の規模で捜査にあたってきた。12月12日放送の「モーニングバード!」(テレビ朝日系)では、これまでの捜査状況を説明。163人の態勢を組み、不正な書き込みが見つかった横浜市や大阪市のウェブサイトのアクセス解析ではデータの送受信記録を「90億ログ分」調べたという。それにもかかわらず、寄せられた情報は十数件とわずかにとどまっている。

     「報奨金300万円」は、誤認逮捕までしてしまった警察が、もはやメンツにこだわっている場合ではないと広く市民に協力を呼びかけたとも思える。だがネット上の反応は冷ややかだ。「犯人の特徴」に書かれている情報に際立った点がないこともあり、ツイッターには「要はお手上げ」「特に何もわかってないに等しい気がする」「これなんの特徴にもなってなくないか」と警察への批判的な書き込みが並んだ。

     井上氏は「このままでは捜査の進展は厳しい」とする一方、犯人が使った「Tor」は米国の非営利団体が開発、管理していることから、「警察はこの団体に、犯人のIPアドレス情報など開示を依頼しているだろうか」と疑問を投げかけた。既に働きかけているかもしれず、また団体側が個人情報の提供に応じるかどうかは不明だが、犯人特定の手掛かりを得るために試してみる価値はあるだろう。

    J-CASTニュース 2012/12/12 19:13

    ///////////////////////////////////



    警視庁のサイトでは犯人の特徴が書かれている。

    1_20121213055703.jpg

    ・C#を使って「iesys.exe」を作成している。一定のプログラミング知識があると考えられる。
    ・遠隔操作ウイルスに感染させるリンクを2ちゃんねるに貼るなど、同サイトを常時利用していると考えられる。
    ・ネット通信の匿名化を可能とするソフトを使用していた。
    ・同サイトに投稿する際は自分のPCからではなく、シベリア郵便局(代理投稿システム)を使っていた。
    ・遠隔操作の命令はしたらば掲示板を使って送信していた。
    ・横浜市のWebサイトに犯行予告を投稿させた事件では、クロスサイト・リクエスト・フォージュリというWebサイトのCSRF脆弱性を使用していた。


    犯人の特徴と言ってもプロファイルは書かれていない。
    13件の犯行予告の対象を探った方がもっと分かる部分もある。
    ・JAL顧客対応窓口に「成田発ニューヨーク行きJAL006便ボーイング777機に爆発物を仕掛けた」とメール送信
    ・2ちゃんねるに「コミックマーケットで大量殺人をする」書込みを5回
    ・2ちゃんねるに「天皇陛下を殺害する犯行予告」書込み
    ・お茶の水女子大付属幼稚園に「始業式に悠仁さまを襲撃する」等の脅迫メール送信
    ・芸能プロダクションに所属する芦田愛菜へ脅迫するメール送信
    ・学習院初等科に「始業式での愛子さまと学友の襲撃する予告」のメール送信
    ・部落解放同盟中央本部に襲撃を予告するメール送信
    ・2ちゃんねるに「9月2日に開催されるAKB48の握手会を襲撃する」書込み
    ・2ちゃんねるに「伊勢神宮の破壊をする」書込みを4回
    ・2ちゃんねるに「任天堂の破壊、殺人する」書込みを複数回
    ・警察庁、首相官邸、国家公安委員会に対し、安倍総裁を殺害する内容のメールを65件送信
     自民党のサイトにも同様の書込み15件
    ・ブログに「子供を殺害する予告」を4件書込み

    天皇や警察、政府・党という国家権力、タレントなど影響力、大企業への妬み、部落への何らかの執着、といったところか。


    犯行声明からの特徴
    ・自ら手の内を明かし自己顕示欲がある
    ・警察・検察をコケにしたいという権力への反抗
    ・落合洋司弁護士、TBSラジオ DIG、TBS、朝日新聞、矢野さとる氏、ITmedia 、フジテレビにメールを送ったのは過去接触があったか接触を試みた6者でメディア等に相手にしてもらいたかった


    これらの情報はほとんどが犯人からの犯行メールを示唆する内容からであり、独自の調査はほとんど進展を見せない。
    これは警察権力の壁であり技術力の限界を示している。
    でも実際には難しいだろう。
    2ちゃんの住人になって探るか、犯人と同じレベルのハッカーになるしかない。
    犯人は米シマンテック社のサイトも見てよく勉強している。

    手掛かりを少しでも掴んだら人物像から犯人に近付いていく捜査という手法は急には変えられないというところか。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 社会ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    138位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。