スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    飲酒運転:事故にさかのぼってアルコール量を算出 「逃げ得」許さず

    千葉県野田市で今年10月、ワゴン車が県道脇の立木に衝突し、乗っていた男子大学生(19)が車外に放り出され死亡した事故から1カ月余。自動車運転過失致死罪で起訴された同市の大学生、亀田輝保被告(21)が7日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で追送検された。事故の約8時間後に出頭し、当初は飲酒運転を否認した亀田容疑者。飲酒の立証は一見困難にも思えるが、県警は酔いをさましてから出頭し、罪を逃れようとする「逃げ得」を防ぐため、事故当時にさかのぼってアルコール量を算出する手法「ウィドマーク法」を使い、立件にこぎつけた。

     県警交通捜査課によると、事故は10月27日午前3時40分ごろ発生。ワゴン車には死亡した大学生と亀田容疑者を含め、友人の男女計6人が乗車し、事故後、残り5人全員が現場から逃走した。

     事故前日の26日夜から、6人は柏市内で居酒屋に出向き、その後、野田市内でも別の居酒屋で飲み直し、さらにカラオケ店に移動する途中で事故が起きたという。

     事故発生から約8時間が経過した27日正午ごろ、亀田容疑者は野田署に出頭したが、呼気検査では基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)を下回る微量のアルコールしか検出されなかった。亀田容疑者は、仲間と居酒屋に行ったことは認めたが「自分はジュースを飲んだ」と飲酒を否認。県警は酒気帯び容疑での逮捕を見送った。

     ところが、その後、県警が同乗者から事情を聴いたところ、亀田容疑者も2軒の居酒屋でビールやサワーを飲んでいた疑いが浮上。県警は店の伝票で注文した酒の種類や量、時間などを裏付け、ウィドマーク法で事故時のアルコール濃度を算出した。

     ウィドマーク法は、アルコールが体内で分解される代謝の仕組みに基づき、運転者の過去の体内アルコール濃度を推計する計算法。酒の種類や量、事故までの時間、本人の体重などを数式に当てはめて算出する。酔いをさまして出頭しても、飲酒運転を立証することができるため、飲酒事故が社会問題化した06年ごろから各都道府県警で捜査に本格導入している。

     警察庁によると、福岡市の「海の中道大橋」で06年8月、元同市職員の男が飲酒運転で幼児3人を死亡させ、大量の水を飲んで出頭した事件でもウィドマーク法が活用された。男は危険運転致死傷罪に問われ、懲役20年の実刑判決を受けた。また大阪地検が同年、10日以上も逃走した重傷ひき逃げ事故の容疑者を立件する際にも使っている。

     この手法では「少なくとも○ミリグラムから○ミリグラムまでの範囲内」という幅のある数値でアルコール濃度が算出される。そのため、刑事事件として立件するには下限が基準値を上回る必要があるとされる。県警が計算したところ、事故時の亀田容疑者の体内アルコール濃度は、少なく見積もっても基準値を超えることが判明。県警は酒気帯び容疑での立件は可能と判断した。

     これを受け、県警は同乗していた男女4人(19〜21歳)についても同法違反(酒気帯び運転同乗)容疑で書類送検。捜査幹部は「飲酒運転をなくすには、見逃す側の責任も問わなければいけない。同乗者を立件するためにも、運転手の酒気帯びの立証は必要だった」と捜査を振り返った。

    2012年12月09日 毎日jp

    ///////////////////////////////////////////////



    ウィドマーク法は、ドイツの法医学者ウィドマークが1932年に発案。
    飲酒量や体重、飲酒からの経過時間を体内のアルコール減少率などと掛け合わせ、運転時の体内アルコール保有量を推算する。
    体重60キロの男性が生ビール中ジョッキ2杯(800ミリリットル)を飲んだ場合、2時間後の呼気1リットル中のアルコール濃度は0・088~0・334ミリグラムなどと推計値が出る。
    立件する際は、推計値の数値幅で最低の値を採用するのが通例。

    この計算式はこのサイトにある。携帯でもアクセス可能。
    飲酒量、度数と体重を入力して「計算」ボタンをクリックすれば、アルコール解毒時間の目安が分かる。
    ただ、飲酒運転か酒気帯び運転かの境目である呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上かどうかの数値は出ない。

    ちょっと気になったので面倒だけど計算してみるか。

    呼気アルコール濃度の算定方法はこのようになっている。
    A(アルコール量g)= 飲酒量ml × アルコール濃度 × アルコール比重(0.8)
    C(血中アルコール濃度mg/ml)= A(アルコール量g)/ 体重kg × γ(アルコール身体内分布係数)
    Ct(t時間後の血中アルコール濃度mg/ml)= C - β(減少率)× t
     γ=低0.60~高0.96
     β=低0.11~高0.19


    これを実例を用いて計算してみる。実際は、もっと複雑になるのだが。

    体重68kg、飲酒はアルコール濃度5%のアサヒスーパードライ1630ml、アルコール濃度5.5%のキリンー番搾り300ml、飲酒開始後から事故時までの経過時間は4.3時間とする。
    さらにビールの内容量の許容範囲が2%(缶ビールの実際の量は2%少ない)で、容量アルコール濃度の下限がアサヒスーパードライで4.8%、キリンー番搾りで5.25%である(表記の数値より上下する)ことを考慮して計算することになる。

    A(アルコール量g)=(1630 × 0.98 × 0.048 × 0.8)+(300 × 0.98 × 0.0525 × 0.8)
     =73.68(末尾桁未満は切り捨て、以下同じ。)
    C(血中アルコール濃度)=73.68 /(68 × 0.60ないし0.96)
     =1.128ないし1.805
    Ct(4.3)(4.3時間後の最低血中アルコール濃度)=1.128 -(0.19 × 4.3)
     =0.311(呼気換算で0.155mg/l
    Ct(4.3)(4.3時間後の最高血中アルコール濃度)=1.805 -(0.11 × 4.3)
     =1.332(呼気換算で0.666mg/l

    この計算では少なくとも0.15mg/lを超えているため、飲酒運転となる。
    しかし、仮に4.5時間後、つまり20分後だったとすると0.136mg/lとなり酒気帯び運転となる。
    判決では酩酊状況も認定条件としているが、20分の誤差が無いとは言えないとして飲酒については無罪となった。


    でも、飲酒開始から何時間後かよりも飲酒をやめて何時間後の方が信ぴょう性のある数値なんじゃないの?と疑問がわくが。


    でも、それよりも今回の飲酒による死亡事故で許せないのは、運転手(21)が後輩であろう未成年(19)を放置して逃走したこと、しかも他の4人も同様に逃走したことだ。
    一緒に飲んでいた奴が血を流して倒れているのを見ておきながら放置する神経が分からん。
    おおよそまともな神経の持ち主とは思えない行為だ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 社会ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    179位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    83位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。