スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    東京湾の海底土のセシウム、7か月で13倍に

    東京湾の海底土に含まれる放射性セシウムが、昨年8月から約7か月間で1・5~13倍に増えたことが、近畿大の調査で分かった。

     東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出されたセシウムが、河川から東京湾に流れ込んだとみている。

     同大の山崎秀夫教授(環境解析学)は今年4月2日、荒川の河口付近など東京湾内の3か所で海底土を採取し、分析した。深さ1メートルまでの土に含まれるセシウムの量は1平方メートルあたり7305~2万7213ベクレルで、昨年8月20日の調査結果(同578~1万8242ベクレル)を3か所とも上回った。

     海底面から深さ6センチまでのセシウム濃度(1キロ・グラムあたり)は321~397ベクレルで、やはり8月20日の調査結果(75~320ベクレル)を上回った。河川の泥にたまったセシウムが少しずつ東京湾に流れ込んでいるためとみられる。

    2012年5月13日20時14分 読売新聞

    ////////////////////////////////////////////



    しかし、日本テレビでは荒川沖の調査を基に千葉沖での潮干狩りで獲れるあさりの放射性物質蓄積量を
    計測して、人体に影響のない量であることを確認している。

    調査によると、海底にある泥を採取して計測すると、確かに通常の2倍程度の数値になる。
    しかし、近隣のアサリを採取して計測してみると、新たに設けられた100ベクレル以下の基準では問題がなかった。

    これは、底泥は2倍であっても、そこに生息するあさり等は内部に取り込まず吐き出しているという。
    その結果、潮干狩りで楽しんで獲ったあさりには問題が無いらしい。

    番組を観ている限りでは疑いの余地は無かった。
    しかし、ゼロではないことも分かった。

    番組ではあさりだけでなくヒラメの蓄積量の調査を行っている福島水産試験場の映像もあった。
    餌に放射性物質を含ませ、摂取したヒラメでは40~60%の蓄積量であるという。

    以前にも記事にしたが、魚種による蓄積量の違いはあるが、おおよその推定量との大きな違いは無い。
    ということは、魚介類全般が危険であることは間違いない。
    数値が基準値以内であるから安心と言うことではなく、絶対値として農産物よりも魚介類の方が高いのは明らか。
    海産物が危ないからと言って川魚系が安全と思ってはいけない。基準値超えは川魚系の方が多い。

    現在においては、太平洋岸で獲れた魚介類は食べない事が一番だろう。

    これを風評被害と言うのであれば、この記事を無視して好きなだけ食えばいい。
    肉よりも魚が好きではあるが、決して「江戸前」を喜べる状況では無いことを認識して買うしかない。


    ホントはこんなこと気にせずに好きな魚を買って食べたいのに。悔しさと残念さが絡むよ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    56位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。