スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    TPP:大枠合意へ 参加9カ国首脳が最終調整に入る

    米国やオーストラリアなど環太平洋パートナーシップ協定(TPP)拡大交渉に参加する9カ国は11日(日本時間12日)、米ハワイのホノルルで12日に開く首脳会合で、協定の大枠で合意する方向で最終調整に入った。カーク米通商代表は記者会見で「首脳レベルで大枠合意の発表ができる」と表明した。

     野田佳彦首相はTPP交渉への参加方針を表明したが、実際に交渉に加わるには交渉参加9カ国すべての同意を得る必要がある。日本の参加以前に9カ国が物品貿易やサービスを含めた包括的な域内統一ルールの骨格で一致すれば、日本の交渉余地が少なくなる懸念もある。

     10日に開かれた9カ国による閣僚会合では、アジア太平洋経済協力会議(APEC)開催期間中に「大枠合意」に達するとの目標を確認。ただ、これまでの9カ国の協議では、関税や知的財産権の分野などで隔たりが残り、合意は政治的な文書にとどまるとの見方もある。

     合意を受け、来年中の交渉妥結を目指して協議を加速する見通し。APECが将来目指すアジア太平洋域内の経済統合の土台構築に向けて一歩前進する。

     交渉参加国であるペルーのシルバ貿易・観光相は11日、日本の交渉参加について「(既に交渉に参加している)9カ国による協議が近く行われるだろう」との見通しを示した。

     一方、米国は日本との事前協議で、米国産牛肉への市場開放や日本郵政への優遇措置見直しを求める方針を鮮明にしており、交渉難航は必至。実際の交渉参加までには半年以上かかるとの見方もある。

     シルバ氏は9カ国交渉について「知的財産権で大きな困難を抱えている」とも述べ、保護分野をめぐり各国の調整が難航していることも示唆した。(ホノルル共同)

    毎日新聞 2011年11月12日 21時49分

    /////////////////////////////////////////////



    TPPに参加表明した野田首相。
    工業はいいが農業はダメと言えるのか、郵便貯金事業にアメリカが入ってくること阻止することはできるのか。
    国民皆保険である健康保険制度は守れるのか。
    知的財産権を守ることができるのか。

    日本は世界でも有数の特許技術国で、特許使用料を含め技術開発で優位に立っているが、使用料フリーになると、莫大な開発費用の回収ができず、安価な製品が他国で作られることになる。

    アメリカのモンサント社は、世界有数の種苗会社であり農薬肥料会社。資本投資で他国の農家に生産量が上がると言って種苗を買わせた。しかし、それは大量の農薬や肥料を使わないとならないため、却って経営を圧迫した。しかも、モンサントの種は単年種に品種改良されていたため、毎年種を買わなければならなくなってしまった。日本の種苗メーカーも数社買収されている。


    アメリカ内でもTPP反対運動が起きている。これは、TPPを推し進めることによって利益が得られる企業のゴリ押しだからだ。
    アメリカでTPPを推し進めている団体、そこに加入している企業が、TPPで求めてくる政策の骨子を作り上げている。
    大手金融機関、ファンド、アグリ事業、コンピュータ企業、自動車メーカーなど、アメリカの主だった会社がほとんどだ。
    これらと闘うということは、国の政策でなく、企業と闘うことだ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : TPP
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    33位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    16位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。