スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    東京・目黒の民家でラジウム見つかる 文科省発表

    文部科学省は10日、東京都目黒区東山の住居から放射性ラジウム226が見つかったと発表した。木箱に入っており、その表面の放射線量は毎時約250マイクロシーベルトにのぼった。置いてあった部屋の外の線量は通常レベルで、隣家への影響はないという。

     文科省によると、見つかったのは長さ2センチ、直径3ミリの細い管状のラジウム。金属容器で封をし、さらに木箱に入っていた。形状から、がん治療用に使われていたとみられるという。


    1_20111110203826.jpg
    放射線源の管状ラジウム


     10月31日、住人の女性から、使っていない部屋の隅に置いてある木箱から高い放射線が出たと、文科省に連絡があった。専門業者が9日に調査し、ラジウムと確認。木箱表面の放射線量は毎時約250マイクロシーベルト、1メートル離れると同約6マイクロシーベルトだった。

    asahi.com 2011年11月10日18時54分

    ////////////////////////////////////////////////////



    世田谷の民家床下から発見されて以来、各地で見つかるラジウム。
    一般市民がガイガーカウンターを持って放射線量を計測するようになっての発見が多い。
    今回のケースでは、民家の住人からの申告。
    この場合、住人に対して被爆量の検査は行われるのだろうか?
    今後も同様のケースが発生するだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    240位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    104位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。