スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    「野良牛」捕獲1割未満、警戒区域の民家被害

    福島第一原発事故で、原発から半径20キロ圏の警戒区域内で野生化した牛などの家畜について、国は5月、原子力災害対策特別措置法に基づき、県に殺処分を指示したが、牛の捕獲は難しく処分できたのは1割に満たないことが9日、福島県への取材でわかった。

     牛に民家が荒らされる被害が相次いでいるほか、区域外に出た牛が車と衝突したり、住民に危害を加えたりする恐れも指摘されている。

     県畜産課によると、南相馬市など9市町村にかかる警戒区域内には事故前、牛約3500頭が飼育されており、8割ほどが取り残されたとみられる。牛の群れの行動把握は難しく、県は、エサで呼び寄せて囲い込む柵を区域内の数十か所に設置するなどしているが、殺処分を終えた牛は247頭(10月20日現在)という。

    2011年11月10日03時00分 読売新聞

    /////////////////////////////////////////



    これまでにも、ニュースや動画で何回か報道されてきたが、野性化してしまうと危険な存在になる。
    戻ってきた住民も困るだろうな。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    134位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。