スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    浜岡原発:周辺で15~20メートルの津波か 15世紀に

    静岡県御前崎市の中部電力浜岡原発が立地する海岸に、明応東海地震(1498年)で遡上(そじょう)高15~20メートルの津波が押し寄せていた可能性があることが、東京大地震研究所の都司嘉宣(つじよしのぶ)准教授(地震学)の分析で分かった。中部電が津波対策の根拠としている最大想定の10メートルに比べ、1.5~2倍もの高さとなる。静岡市で開かれている日本地震学会で13日、報道陣に明らかにした。

     都司准教授は静岡県内の古文書や伝承を調べ、明応東海地震で浜岡原発から西へ約30キロの同県磐田市掛塚付近で、遡上高約10メートルの津波があったと推定した。

     この分析を会場で発表後、都司准教授は報道陣に、御前崎市の周囲は浅い海底が外洋に突き出すように広がり、津波のエネルギーが集中しやすい地形になっていると指摘。「浜岡原発には(明応東海地震で掛塚を襲った津波の)5割増し、もしくは2倍の津波が来る可能性がある」と述べた。

     中部電は、東海地震発生時には高さ10メートルの津波が浜岡原発を襲うと想定し、浜岡原発に高さ18メートルの防波壁の建設を進めている。高さ20メートルの津波が襲う可能性があるとの分析は、今後浜岡原発の安全性を巡る論議に一石を投じそうだ。

     中部電は毎日新聞の取材に対し「都司准教授の研究の詳細を知らないのでコメントできない」と話している。

    毎日新聞 2011年10月13日 21時07分

    //////////////////////////////////////////////



    福島原発事故が起きる前から危険と指摘されてきた浜岡原発。
    過去に津波震災の例があれば、なおさら危険だと判断せざるを得ない。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 地震・天災・自然災害
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    253位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    107位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。