スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    日本の食品基準は甘すぎ ベラルーシ専門家が批判

    チェルノブイリ原発事故後の住民対策に取り組んできたベラルーシの民間の研究機関、ベルラド放射能安全研究所のウラジーミル・バベンコ副所長が12日、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。東京電力福島第1原発事故を受け、日本政府が設定した食品や飲料水の放射性物質の基準値が甘すぎ、「まったく理解できない」と批判、早急に「現実的」な値に見直すべきだと述べた。


    1_20111013000854.jpg
    記者会見するベルラド放射能安全研究所のバベンコ副所長=12日午後、東京都千代田区


     例えば、日本では飲料水1キログラム当たりの放射性セシウムの暫定基準値は200ベクレル。一方、ベラルーシの基準値は10ベクレルで、20倍の差があるという。

     ベラルーシでは内部被ばくの影響を受けやすい子どもが摂取する食品は37ベクレルと厳しい基準値が定められているが、日本では乳製品を除く食品の暫定基準値は500ベクレルで、子どもに対する特別措置がないことも問題視。「37ベクレルでも子どもに与えるには高すぎる。ゼロに近づけるべきだ」と指摘した。

    MSN産経ニュース 2011.10.12 20:28

    /////////////////////////////////////////////////



    チェルノブイリ原発事故で隣接しているベラルーシでは、放射能被爆による遺伝子異常が今でも子供に遺伝しており、甲状腺がんの治療が行われている。
    事故当時、どの位の値で危険なのかが分からず、防ぐことができたのに被爆させてしまった苦い教訓を持っている。
    今でも甲状腺がんを防ぐために、「ビタペクトT」という日本では認可されていないが一定の効果がある薬を飲ませている。


    ビタペクトT
    1_20111013000117.jpg


    (ビタペクトTの成分)
    ペクチン
    ビタミンB2 
    ビタミンB6 
    ビタミンB12 
    ビタミンC 
    ビタミンE 
    ベータカロチン 
    葉酸 
    セレン 
    亜鉛 
    カリウム
    乳糖
    クエン酸
    ポリエチレングリコール(固化剤。タブレット状の形を保ちます。)
    ステアリン(固化剤。タブレット状の形を保ちます。)
    アスパルテーム(人工甘味料)

    (1タブレット(約2グラム)に含まれる成分)
    ペクチン 961ミリグラム
    ビタミンB2 0.13ミリグラム
    ビタミンB6 0.46ミリグラム
    ビタミンB12 0.40マイクログラム
    ビタミンC 13ミリグラム
    ビタミンE 1.98ミリグラム
    ベータカロチン 0.66ミリグラム
    葉酸 26.5マイクログラム
    セレン 9.9マイクログラム
    亜鉛 2ミリグラム


    ペクチン、ベータカロチン、葉酸などは野菜に含まれているもので、日本ではこれらを含む野菜を食べるしかない。
    日本で認可が下りていないのは、認可する必要がなかったからだ。今後は日本でも認可されることを望むしかないだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    304位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    135位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。