スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    飯舘村より高い放射線量、東京・世田谷で検出

    飯舘村より高い放射線量、東京・世田谷で検出

    東京都世田谷区は12日、同区弦巻地区の住宅街の歩道で毎時2・71マイクロ・シーベルトの放射線量を検出したと発表した。

     計画的避難区域に指定されている福島県飯舘村で12日に計測された2・05マイクロ・シーベルトより高く、区では、東京電力福島第一原発事故で放出された放射性物質が雨水で運ばれ蓄積された可能性があるとしている。

     同区によると、今月6日に民家の木製の柵に隣接する歩道上の9か所で毎時0・09~2・71マイクロ・シーベルトを計測した。水で洗浄したが数値は下がらなかったという。

     区内の定点観測地点での放射線量は毎時0・05~0・08マイクロ・シーベルト。区はカラーコーンを置き、住民には「なるべく近寄らないでほしい」と呼びかけている。

    2011年10月12日21時33分 読売新聞

    //////////////////////////////////////////////////

    世田谷区で最大毎時2・7マイクロシーベルト

     東京都世田谷区は12日、区内の1カ所で最大毎時2・7マイクロシーベルトの放射線量が確認されたと発表した。区は今月下旬から、区内の公園258カ所の砂場の放射線量を緊急に計測する方針を決めた。

     区によると、高い線量が確認された地点は弦巻5丁目の区道で、民家の雨どいや樹木から流れる雨水がたまる場所という。

     今月3日に区民グループから情報提供があり、翌4日に区職員が計測した。土壌に水をかけて清浄し、6日に再計測したところ、同じ値を示した。

     小学校の通学路に指定されているため、区は12日、この地点を立ち入り禁止区域に指定。通学・帰宅時には学校職員が同地点に立っち、児童が入らないよう誘導した。区では、今後も高い数値が続く場合は専門家の意見を聞きながら除染を検討するという。

    MSN産経ニュース 2011.10.12 22:55

    //////////////////////////////////////////////////

    東京・世田谷で高線量 2.7マイクロシーベルト

    東京都世田谷区弦巻5丁目の区道を区が調べたところ、歩道部分の一部で毎時2.707マイクロシーベルトの放射線量が測定された。保坂展人区長が12日、定例の記者会見で明らかにした。

     現場付近は東京電力福島第一原発から直線距離で約230キロ離れている。今回の数値は、計画的避難区域の福島県飯舘村役場のモニタリングポストで12日に測定された毎時2.115マイクロシーベルトより高い。ただ、毎日8時間を外で、残りを木造家屋で過ごしたと仮定して計算すると、年間被曝(ひばく)量は14.2ミリシーベルトとなり、国が避難を促す目安としている20ミリシーベルトよりは低い。

     今回の区道は地元の区立松丘小学校の通学路に使われている。区は「通行するだけでは身体に大きな支障が出る状況ではない」としているが、当面、一部に立ち入らないよう指導を始めた。今後、砂場がある区内の公園258カ所についても緊急に計測するとしている。

    asahi.com 2011年10月12日23時0分

    //////////////////////////////////////////////////

    空間放射線量:世田谷区道で区の安全目安の11倍検出

    東京都世田谷区は12日、同区弦巻5の区道で、区が安全の目安としている空間放射線量(毎時0.23~0.25マイクロシーベルト)の約11倍にあたる最大毎時2.70マイクロシーベルト(6日現在)を測定したと発表した。区は「通行するだけでは身体に影響はない」としているが、住民の不安に配慮し、周辺を立ち入り禁止にする緊急措置を取った。

     区環境保全課によると、区民が3日、区道の歩道部分を簡易測定器で測定し、「放射線量が高いようだ」と報告。区が圧力洗浄した後、6日に9カ所を測定したところ、0.08~2.70マイクロシーベルトを検出した。

     区道は住宅街にあり、区立松丘小の通学路に指定されている。歩道部分は車道より低くなっていることから、同課は「雨水が集まり、放射線量が高くなった可能性がある」としている。今回の結果を受け、区は子供の安全確保のために今月下旬~11月、区内にある258カ所の公園の砂場で空間放射線量を測定することを決めた。

     区道で測定された2.70マイクロシーベルトは、1日のうち屋外で8時間、屋内で16時間過ごした条件で計算すると、1日の被ばく量は38マイクロシーベルト。年間で14ミリシーベルトとなり、国が避難の基準としている年間20ミリシーベルトは下回る。

     労働安全衛生法の電離放射線障害防止規則では、外部放射線と空気中の放射性物質による実効線量の合計が3カ月間で1.3ミリシーベルトを超えるおそれのある区域は、放射線管理区域に指定するよう定めている。1時間当たりに換算すると毎時2.60マイクロシーベルトで、通常、原子力施設などではこの値が管理区域に設定する基準となっている。

    毎日新聞 2011年10月12日 21時16分

    //////////////////////////////////////////////////



    まとめ

    (場所)
    直線距離で約230キロ離れている東京都世田谷区弦弦巻5丁目の区道、民家の木製の柵に隣接する雨どいや樹木から流れる雨水がたまる場所の歩道上。

    (最大検出値)
    空間放射線量(毎時0.23~0.25マイクロシーベルト)の約11倍にあたる最大毎時2・71マイクロ・シーベルトの放射線量を検出。
    今月3日に区民グループから情報提供があり、翌4日に区職員が計測した。土壌に水をかけて清浄し、6日に再計測したところ、同じ値を示した。
    労働安全衛生法の電離放射線障害防止規則では、外部放射線と空気中の放射性物質による実効線量の合計が3カ月間で1.3ミリシーベルトを超えるおそれのある区域は、放射線管理区域に指定するよう定めている。1時間当たりに換算すると毎時2.60マイクロシーベルトで、通常、原子力施設などではこの値が管理区域に設定する基準となっている。

    (対応)
    この地点を立ち入り禁止区域に指定。通学・帰宅時には学校職員が同地点に立ち、児童が入らないよう誘導。
    また、カラーコーンを置き、住民には「なるべく近寄らないでほしい」と呼びかけ。
    水で洗浄したが数値は下がらなかった。

    (今後)
    砂場がある区内の公園258カ所についても緊急に計測する。



    神奈川・横浜に続き、東京・世田谷だ。
    足立・葛飾・江戸川などの千葉・埼玉に近い区はもっと危険な数値が出ると思われる。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    33位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    16位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。