スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    悪評噴出! 天狗すぎるAKB48メンバーたち

    最新シングル「フライングゲット」(KING RECORDS)が初日で100万枚を売り上げるなど、今やアイドルとしてだけでなく、日本の音楽業界を支えるアーティスト集団としてもトップクラスの存在感を見せるAKB48。だが、そのバックヤードでは、メンバーたちの「天狗ぶり」に辟易する関係者が少なくないという。

     まずは「絶対的エース」前田敦子。かねてより、舞台裏での彼女の傲慢な態度には疑問の声が少なくなかったが、その女王様ぶりは健在のようだ。機嫌のよくないときは取材中でも記者の話をシカト。また、写真やPVの撮影現場に雑誌記者やテレビクルーが潜入することも多いが、

    「タイミングを見計らった記者が『そろそろお話を聞かせてもらってもいいですか?』と近づいていくと、『まだダメ』『(差し入れを)食べてからー』など、タメ口でバカにしたような態度。おかげでなかなか取材ができない、と担当者が嘆いていました」(スポーツ紙記者)

     前田のみならず、峯岸みなみ、小嶋陽菜などの主力メンバーや、高城亜樹、北原里英、倉持明日香ら最近人気の上昇してきたメンバーも「完全に大人をナメている」との悪評が聞こえる。

    「タメ口は当たり前。自分たちのお喋りに夢中で、取材なんて後回しにされることもザラです。お前らはここに何をしに来ているんだ、という感じです。また、高城や北原、倉持も最近は天狗状態だともっぱらです。スタッフならまだしも、話を聞きに来たライターが飲み物を買いに行かされているところを見ました。自分で行けよ、と思いましたね(苦笑)。イライラして不機嫌な態度を取られ、インタビューが円滑に進まないのはどのメンバーでもある。仕事が非常に忙しいのは分かりますが、それはお互い様。こちらも暇ではないんです。マトモに対応してほしいものですね」(テレビ誌編集者)

     さらに、かつて「セックス依存症」疑惑の噴出した大島優子も、舞台裏では疲労からか「ナンバーワンアイドル」の笑顔が崩れ、最近では上記の面々と同様に編集者らをナメきった様子が見られるそうだ。

     一方で、評判の良いメンバーもいる。たとえば、先の「じゃんけん大会」で見事センターの栄冠を手にし、卒業も近いと囁かれる篠田麻里子は、愛想がいいという。

    「篠田は一時期、事務所の方針からソロ仕事ばかり注力して、AKB48としての取材の際は手を抜いてくるので面倒でしたが、最近はそうでもない。他メンバーのように自分の機嫌の良し悪しで対応することはなく、常にオトナの態度で接してくれるのでやりやすいですね。ちゃんと仕事してくれている、という感じがします。また、現場で会うどの記者も『もっとも素晴らしい』と絶賛するのが高橋みなみ。彼女は挨拶などの礼儀から、スタッフや関係者への応対、インタビューでの受け答えなどすべてしっかりしているのでダントツで評判が良いんです」

     高橋のハツラツとした明るさや篠田の面倒見の良さは、ファンの間でも周知のところで、彼女たちは若いアイドル集団の中では人格者とされている。だが、篠田はAKB48の年長者であり、高橋はAKBのリーダー的存在。自らが規範となるだけでなく、傍若無人な他のメンバーを指導する立場であってほしい。前田らが、仕事の場であるにもかかわらず気を抜き、無礼な振る舞いをしている様子を見て、彼女らは何も思わないのだろうか?

     最後に、ソロ活動も順調な板野友美。彼女もかつては前田と双璧をなす取材態度の悪さが有名で、「別の雑誌で同じこと話したし。読んどいて」などと、往年の沢尻エリカを思わせる傍若無人さが際立っていた。だが最近は妙に機嫌が良いのだという。

    「西麻布界隈で飲み歩いている、との目撃談があります。そこで新しい彼氏ができたようだとも聞きますね。ソロ歌手として活動することは彼女の目標でもありましたし、それが他メンバーより一足先に叶えられて喜びもひとしおだったとは思いますが、ただ、そのぶん重圧も大きい。仕事から解放される束の間の時間くらい、ストレス発散したいのでしょう。それによってこちらの仕事もやりやすくなるのであれば、夜遊び大いに結構ですね(笑)」(前出・スポーツ紙記者)

     また、板野は今年の総選挙では8位という順位に甘んじている。これまでのように天狗ではいられないという気持ちが、本人にも芽生えたのかもしれない。

     今回とりあげた彼女たちは、いわゆる「選抜メンバー」として活躍する面々。一方で、「私なんか、このままどんなに頑張っても選抜になれないし」と卑屈になっているメンバーも少なくない。あるメンバーなどは「どうせ神7には敵わない。そのうちAKBブームも終わって私なんか芸能界に居場所はない」とまでこぼしたというのだから、グループ内格差は深刻だ。

     確かにいずれブームは去る。だが、その後にどんな運命が待ち受けているかは本人たち次第だ。現在は「神7」ほどの人気がなく、いまひとつパッとしないメンバーでも、じっと耐えて努力していけば、グループ終了後に花開く可能性もある。逆に、現在は頂点での青春を謳歌しているメンバーも、あまり天狗になっていれば見放される。あっという間に転落し、それこそ居場所をなくしてしまうかもしれない。

    MEN'S CYZO 2011.09.25


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : AKB48(秋葉原48)
    ジャンル : アイドル・芸能

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    240位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    104位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。