スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    auのW52CA、W53CAなど3機種、不具合で電池パック交換

    KDDIと沖縄セルラーは、auの携帯電話3機種の電池パックで、電池内のセパレーター(絶縁シート)が損傷するような力が外部から加わった場合、ショートして発熱や膨張、さらに発煙、溶けることもあるとして、対策済の電池パックとの交換を行う。

    ■ カシオ、日立製の3機種が対象、電池パックは約201万個
     対象となる機種は、2007年6月発売でカシオ計算機製の「W52CA」(出荷数約54万台、稼働数約14万台)、同年8月発売でカシオ製「EXILIMケータイ W53CA」(出荷数約80万台、稼働数約26万台)、2009年7月発売で日立コンシューマエレクトロニクス製の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo(HIY01)」(出荷数約15万台、稼働数約10万台)となる。オプションの電池パックを含めて、対象の電池パックは、「W52CA」「W53CA」用(商品コード:52CAUAA)があわせて約179万個、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」用(商品コード:HIY01UAA)が約22万個で、あわせて約201万個となる。

     これまでにカシオ製2機種については、充電中に発熱、膨張して、煙が出たり解けたりした事故が8件報告されている。一方、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」では発生報告はない。事故の報告は2010年に2件、2011年に6件寄せられた。1件目の時点では、傷や凹みが電池パックにあったため、回収になるような問題と特定できなかったが、2011年に入ってあらためて調査を行ったところ、原因を特定できた。

     原因は、電池パックに強い力が加わり、傷や凹みがついて、内部のセパレーターが損傷した後、充放電を繰り返すと内部ショート(短絡)が発生し、電池内部の化合物が相当な量、漏れ出していると、事象が発生する。電池パックに傷や凹みがない場合は、発煙や溶解はしない。

     対策として、外部からの力への耐性を強化し、化合物が漏れ出すのを抑える。対象ユーザーには、書面で通知し、これまでの電池パックの返却を依頼する。傷や凹みが電池パックにあれば、速やかに使用を中止して、サポートセンターへ連絡するよう案内されている。

     同社では30日、都内で会見を開催し、KDDI執行役員商品統括本部長の牧俊夫氏、商品統括本部 プロダクト企画本部プロダクト品質管理部長の中村公彦氏、NECカシオモバイルコミュニケーションズ代表取締役執行役員社長の田村義晴氏、NECカシオモバイルコミュニケーションズCS品質統括本部 本部長の菅谷直樹氏による会見が行われた。

    ケータイWatch 2011/9/30 14:00


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : au
    ジャンル : 携帯電話・PHS

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    138位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。