スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    「中国モデル」危うさ、地下鉄事故で改めて露呈

    「中国モデル」危うさ、地下鉄事故で改めて露呈

    上海で27日に発生した地下鉄追突事故は、安全性より成長速度を優先する「中国モデル」の危うさを改めて露呈した。

     7月の高速鉄道事故後、「発展より安全」をアピールしてきた胡錦濤政権にとっては大きな打撃となった。

     中国は、2008年北京五輪、10年の上海万博という国家の威信をかけた大イベントに合わせ、両都市の地下鉄整備を猛スピードで進めた。北京では10年までに総延長は、300キロ・メートル以上に急拡大した。同年までに上海の営業距離は北京を抜いた。

     鉄道建設には、社会の安定のために高度成長を続けなければならないという重要な政治目的もあり、広東省広州、同省深セン、遼寧省瀋陽、四川省成都などでも地下鉄が営業、10年末現在での総延長は1200キロ・メートル以上に達している。

     高速鉄道の急拡大と同じ構図で、やはり高速鉄道同様、地下鉄の安全性に対する疑問の声も出ていた。

    2011年9月28日08時47分 読売新聞

    //////////////////////////////////////////////

    中国・上海地下鉄事故:技術の危うさ露呈 信号システム、7月にも異常


    27日に起きた中国上海市営地下鉄の列車追突事故で、過去に故障を起こした信号システムが原因だったと判明し、中国の鉄道技術の危うさと再発防止策の不確かさが改めて浮き彫りになった。中国では列車事故が発生しても早々に運転再開することが多いが、7月に高速鉄道事故が起きたばかりで、市民からは当局への不満が高まっている。

     事故があった10号線では27日午後7時15分ごろ、いったん運行を再開した。事故現場近くの豫園(よえん)駅の駅員に「信号システムの故障は直したのか」と聞くと、「とにかく通常運転に戻っているということだ」と述べるだけだった。しかし市当局は27日深夜、一転して運行の取りやめを発表した。

     28日朝、南京東路駅では、10号線への入り口が封鎖され、駅員が通勤客らの対応に追われた。駅で取りやめを知った会社員の趙国華さん(32)は「温州の事故もそうだが、直ったかどうか分からないまま運転を優先するのがこの国」と話した。

     10号線の信号システムは7月にも故障を起こしている。中国メディアによると、10号線は将来の無人運転の実現に向けて信号システムを更新している途中だが、市営地下鉄トップの兪光耀氏は27日夜の記者会見で、「(7月のトラブル後に)CASCOは安全にかかわる事故は二度と起こさないと約束していた」と釈明するにとどまり、再発防止策がとられていたかどうかは明言を避けた。

     ◇急速な発展ひずみも

     【上海・隅俊之、北京・工藤哲】上海市営地下鉄の総延長は世界最長の約420キロで、中国の経済発展をけん引する上海の象徴だ。列車追突事故が起きた10号線は昨年の上海万博に合わせて開通。メンツをかけた国家プロジェクトのために建設を急いだとの指摘もあるが、今回は特に、高速鉄道事故後、列車事故防止策が徹底されていないとする中国メディアの批判が相次いだ。

     28日付の中国各紙は、一部が1面トップで伝えるなど大きく報道。「新京報」は社説で「高速鉄道事故以後、各地の地下鉄は大規模な安全検査を実施したはずだ。こうした追突のリスクは上海の10号線特有のものではない」と指摘。「追突にはどの程度の人災の要因が含まれているのか、徹底した調査を求める」と訴えた。また「京華時報」も「重要なのは毎回の事故から教訓をくみ取り、事故の病巣を根絶することだ」とする論説委員の論評を掲載した。

    毎日新聞 2011年9月28日

    //////////////////////////////////////////////

    上海地下鉄事故は人為ミス、電力失い信号不点滅

    上海地下鉄の運営会社は28日、同市中心部を走る地下鉄10号線で27日に起きた追突事故について、事故当時、関係設備の電力が失われ、信号が点滅しなくなっていたことを同社のホームページで明らかにした。

     同社は「作業要員が運行を手動方式に切り替えたが、管理規定を厳格に執行せず、事故が発生した」として、人為的なミスがあったことを認めた。ただ、電力が止まった原因などの詳細は明らかにしていない。

     事故現場では28日、一部区間が一時運休となり、調査チームが現場検証を行った。事故当時の信号システムの作動状況を中心に調べたとみられ、関係者の事情聴取も進められた模様だ。

     中国紙「環球時報(英語版)」は28日、上海地下鉄の運転士の話として、「ほとんどの運転士は手動運転の訓練を受けておらず、自動運行システムに頼りきっている」と伝えた。運行管理要員の訓練不足が人為的なミスを引き起こした可能性も指摘されている。

    2011年9月28日21時30分 読売新聞


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 中朝韓ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    134位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。