スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    尾崎豊ファン聖地、取り壊しへ…二十回忌の年に

    若者の苦悩を歌って「10代のカリスマ」と呼ばれた歌手・尾崎豊を慕うファンに開放されてきた東京都足立区の通称「尾崎ハウス」が10月上旬、所有者の家の建て替えとともになくなることになった。

     「15の夜」「十七歳の地図」など数々のヒット曲を残し、26歳で急逝してから19年。二十回忌の節目の年、ファンは思い出の地から「卒業」する。


    1_20110928230459.jpg
    今年4月25日、20回忌を迎えた区切りの日で最後の公開となった「尾崎ハウス」に集まったファンたち


     1992年4月25日早朝、泥酔した裸の若い男が1人、小峰忠雄さん(72)宅の庭にいるのを妻の豊子さん(70)が見つけた。それが尾崎だった。体に打撲や擦り傷もあり、救急車で病院に運ばれたが、その日午後に肺水腫で死亡した。

     直後から小峰さん宅前にファンが訪れるようになった。半年後、毎晩泣いていた女の子を小峰さんが「いつまでも外にいないで」と招き入れた1階の6畳間。以来、小峰さんはこの部屋をファンに開放してきた。

     不登校の高校生、人間関係につまずいたサラリーマン、拘置所から出てきたばかりの男性……。様々な悩みを抱えるファンが互いの人生を語り合う場になり、輪になって尾崎の曲を歌うこともあった。部屋は尾崎のCDや書籍、イラストなどであふれ、ファンが思いをつづったノートは70冊を超え、本にもなった。

     だがここ数年は訪れるファンも減り、部屋の開放は尾崎の命日の4月25日と誕生日の11月29日だけとなっていた。小峰さん宅は10月3日にも取り壊される。夫妻は「若者たちはみんな羽ばたいていった。この辺で終わりにしていいのでは」。

    2011年9月28日14時33分 読売新聞

    ////////////////////////////////////////////////



    尾崎の曲を聴いて育った世代も、今はいい大人になっている。
    尾崎ハウスは無くなっても、ファンの心の中で尾崎は生き続けるから。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    138位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。