スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    食材費を7千万円安く偽装 人気の国民宿舎「鵜の岬」

    全国の国民宿舎で一番人気の「鵜の岬」(茨城県日立市)で2008年以降、料理の食材費を実際よりも低く見せるため、食材の在庫量を過大に報告していたことが分かった。経費節減を迫られる一方で現場からは料理の質を下げることに抵抗があり、板挟みになった経理担当者が不正に会計処理していた。


    1_20110927175855.jpg
    1989年度から22年連続で宿泊利用率が全国一となった国民宿舎「鵜の岬」=日立市十王町伊師


     宿舎を運営する県開発公社の内部調査で発覚した。公社は10月1日付で、経理を担当していた前管理課長(44)を停職1カ月、管理課員(41)を3カ月の減給10%の懲戒処分としたほか、監督責任を問い前支配人ら2人を訓告、事務局長ら3人を厳重注意とした。

     公社によると、今月に外部監査人が調査したところ、台帳上は900キロあるはずの冷凍肉が実際には60キロほどだったり、2千キロあるはずの魚が100キロしかなかったりといった事例が次々と見つかった。架空計上分は8月末時点で7088万円にのぼった。

     鵜の岬は全国122の公営国民宿舎の中で22年連続で宿泊利用率が1位。一方、公社は県からの収支改善要求を受け、食事の売上高に占める食材費の割合を07年度の43.1%から08年度は41.5%に引き下げる目標を立てていた。

     前管理課長は仕入れ担当者に食材費引き下げを求めたが、現場の料理人らは「質を落としたくない」と反対。実際には食材を使い切ってしまっているのに、残っているように経理処理し、結果的に原材料費が下がるように見せかけていた。課長は「目標達成のプレッシャーを感じていた」と話しているという。

     在庫食材は会計上は「資産」として処理するため、公社は7088万円を今年度決算で特別損失として処理。昨年度は黒字だった鵜の岬の決算は、赤字に転落する見込みという。

     鵜の岬は昨年度から年2回、外部監査が行われ、台帳の数字はチェックされていたが、実際の在庫量は確認されていなかった。26日に会見した公社の北川明雄常務理事は、水増し分が09年度末時点で3416万円、10年度末で6670万円分にのぼっていたと説明し「年度末決算の時点で気付くべきだった。申し訳ありません」と謝罪した。チェック体制強化のため、年2回の外部監査を今後は4回に増やし、管理課以外の部署による在庫確認も行うという。

    asahi.com 2011年9月27日12時1分

    //////////////////////////////////////////



    国民宿舎が食材費を7千万円安く偽装。
    「え?この値段でこの料理?」というサプライズが人気だったか?
    料理人らは「質を落としたくない」という言葉は、素材の良さを並べただけで料理人の腕ではないという裏付け。
    高い食材がおいしいのは当たり前。
    飲食店やホテルなど、どこの料理人でも、腕でうまいと言わせるために努力している。
    この不正発覚は偽装よりも料理の腕の方が、客には不安にさせる。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    246位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。