スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    つり天井:震災で崩落多発 改修費用を助成へ…国交省

    東日本大震災で公共施設などのつり天井が崩落する被害が相次いだ問題で、国土交通省は崩落を防ぐための耐震改修費の3分の1を国が助成する方針を固めた。大規模施設での事故は甚大な被害が出る恐れがあるが、改修費用が高額で進まないため。同省は12年度予算の概算要求に盛り込む。

     今回の震災では、東京都千代田区の九段会館で2人が死亡する被害が出たほか、川崎市幸区の音楽ホールや茨城空港ターミナルビル(茨城県小美玉市)など、築年数の浅い耐震建物でも天井落下が目立った。

     国交省はつり天井を備える大型施設(500平方メートル以上)の落下防止策が国の指針通りかを定期的に調べているが、今年3月時点で都道府県から報告のあった1万9000棟の約2割が指針を満たしていなかった。

    毎日新聞 2011年9月27日 11時24分

    /////////////////////////////////////////



    つり天井の落下防止策の対応、2割が指針に満たない。
    建物は耐震構造・制震構造になっていても、内装は考慮されていない建物は多い。
    はめ込み式の天井や壁、仕切りなどは揺れによるきしみで外れてしまう。
    建物の崩壊は防げても、建物内で死傷者が出る恐れがある。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 地震・天災・自然災害
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    356位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    163位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。