スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    出荷前の酒類、放射性物質のサンプル検査実施へ

    国税庁は26日、酒類製造場から出荷される前の酒類を対象とした放射性物質のサンプル検査を10月から実施すると発表した。

     東京電力福島第一原子力発電所の事故以降に収穫した農産物を原料にした酒類製造が本格化するのを前に、安全性を確認することにした。

     発表によると、検査対象は国内で製造される酒類の全品目。各国税局が製造場を抽出してサンプルを提供してもらう方法で行われ、全国約3000の酒類製造場のうち約3分の1が対象。福島第一原発から半径150キロ圏内については、全製造場(約300か所)にサンプルの提出を求める。

     検査では、放射性セシウムや放射性ヨウ素が食品衛生法で定める飲料水の暫定規制値以下であるかどうかを確認。規制値を上回る場合は、都道府県と協力し製造場名を公表するなどの対応を取る。

    2011年9月26日18時27分 読売新聞

    /////////////////////////////////////////////



    主にコメを主原料とする酒類の検査実施。
    他に麦やイモ、そばを主原料とする焼酎も対象だろう。
    主原料と蒸留水で作られる酒だから、たぶん基準値を超えることはないだろう。
    それでも、安全が確認できるにこしたことはない。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    245位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    107位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。