スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    電子書籍の世界規格上陸、国内出版界は正念場

    欧米で電子書籍の事実上の世界標準となっている規格「EPUB(イーパブ)」が10月にも縦書きの日本語に対応することになり、世界市場をリードする米アマゾンやアップルが、国内の電子書籍市場に本格参入する可能性が出てきた。

     電子書籍の普及にはずみがつく一方、出版業界は正念場を迎えることになりそうだ。

     国内では、アップルが2010年5月末、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」を発売したが、欧米で人気の電子書籍専用サイトは開設していない。米アマゾンも電子書籍端末「キンドル」向け国内配信サービスは始めていない。

     これは、国内の出版社側がアップルなどの攻勢を警戒し、交渉が難航しているためとされる。しかし、イーパブが縦書きに対応すれば、日本語書籍を配信しやすい環境が整う。

     10月中旬に決まる最新版の「イーパブ3」は、縦書きに対応し、漢字にルビをふるなどの表現もできる。

     ソニーや楽天などの電子書籍配信大手がイーパブを採用する方針を示していることで、中小の出版社を含めて対応する動きが出てきそうだ。世界標準の規格を用いることで、日本が強みを持っているマンガなどのコンテンツ(情報内容)が、海外で幅広く提供される可能性もある。

    2011年9月25日21時18分 読売新聞

    /////////////////////////////////////////////



    日本の電子書籍は高いという声がある。
    これは、紙に印刷している書籍と比べれば安価ではあるが、決して安い価格ではない。
    フォーマットが固有の端末限定になっているため、他の端末では読めないものもある。
    出版社が主導で配信される電子書籍は、既存の既得権益を守るためにできているからだ。

    今後、世界標準規格で配信される電子書籍が増えれば、価格が下がるだろう。
    そうなると、価格の安い大手が勝ちになる。

    でも、指摘の通り、海外に配信するというマーケットも広がる。

    ウィンドウズが日本の独自OSを搭載したパソコンを陵駕して駆逐した図式にも似ている。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ITニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    273位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    118位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。