スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    中韓の俳優、震災で撮影忌避…ドラマのロケ暗礁

    石川県志賀町がロケ地に名乗りを挙げていた日中韓の3国共同制作ドラマ「ストレンジャーズ6」のロケ撮影が中止となる可能性が高まっている。

     東日本大震災の影響でロケ計画の変更が度重なったため、町は今月6日、町議会本会議に「ロケ誘致を断念した」と報告。だが、フジテレビなど3社からなる製作委員会(東京都)は取材に対し、「町内ロケは遅れているが、予定通り行いたい」と話すなど、双方の言い分は食い違っている。

     「ストレンジャーズ6」は、日中韓3か国の情報機関から集められた6人が国籍を超えて闇組織と戦うというサスペンス・アクション作品。「シーズン1」と「シーズン2」の前後編に分かれ、日本からは唐沢寿明さん(48)、韓国からはオ・ジホさん(35)ら人気俳優が出演する。日本では衛星放送のWOWOWで12月からの放送開始を予定している。

     町や県によると、このドラマの統括プロデューサーが県の観光大使を務めていた縁で、町内で4~5月、ロケが行われることになっていた。町は3月上旬、ロケ支援委員会(会長・山王竹夫副町長)を設置し、昨年度の一般会計補正予算に撮影費用の補助などとして負担金150万円を盛り込んだ。

     ところが、その直後に東日本大震災が発生。4月下旬、製作委側から、「撮影の日程がきつくなった。ドラマのストーリーなどは大幅に変更するが、町内ロケは予定通り行う」と町に説明があった。

     5月中旬には、関係者が撮影地を下見するために町内を訪れ、地元の景勝地や中学校などを視察したが、同月末に再び来町した関係者は突如「町内ロケは(前編の)シーズン1ではなく、(後編の)シーズン2に変更する」と切り出したという。町側が理由を尋ねると、「震災や原発事故の影響で、中韓両国の俳優が日本での撮影を嫌がっている」などと打ち明けたという。

     町はその後、支援委で対応を協議したが、「ロケの中身や日程があいまいだ」などと不満の声が相次ぎ、誘致を白紙に戻すことを決めた。町は最終的に8月下旬、製作委側にロケ誘致を断念する意向を伝えた。

     一方、製作委の担当者は読売新聞の取材に対し、「ロケを取りやめるのではなく、震災後、少し時間を置きたいということ。町側には再び説明して理解を得たい」と語った。

     だが、町商工観光課の裏秀和課長(56)は「震災の影響とはいえ、撮影スケジュールの一方的な変更が続くなどしたため誘致断念を決めた。再び打診があっても難しい」と態度を硬化させている。

     結局、未執行の予算150万円はいまだ宙に浮いた状態。町は「別のロケの申し出もある。そちらに役立てることも含めて検討したい」としている。

    2011年9月19日09時41分 読売新聞


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : テレビドラマ
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    251位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。