スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…国内初

    子宮頸けいがん予防ワクチンの接種を受けた国内在住の14歳の女子中学生が、2日後に死亡していたことが分かり、12日、厚生労働省の専門調査会で報告された。

     ワクチンは英グラクソ・スミスクラインが製造した「サーバリックス」で、接種後の死亡例は国内では初めて。ワクチン接種との直接的な因果関係は認められないという。

     報告によると、中学生は今年7月28日に接種を受け、30日朝に心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。中学生には突然不整脈を起こす「心室頻拍」の持病があり、直接の死因は不整脈と推定されている。

     サーバリックスは2007年5月に豪州で初承認され、日本では09年12月に販売が始まり、これまで約238万人が接種を受けたと推定される。同ワクチン接種後の死亡は今回が世界で5例目。因果関係がはっきりした事例はないという。

    2011年9月12日20時49分 読売新聞

    //////////////////////////////////////////////////



    とうとう出てしまったか。死亡例。
    子宮頸けいがんが近年多発し、予防と対策が課題となってきた中、予防ワクチンの接種が効果的だとされた。
    しかし、子宮頸けいがんの発生は抑えられるが、不妊症になってしまうという副作用がある。
    これは、「死ぬよりはましでしょ」という考え方から、自民党の与党時代から推し進めてきた事業だった。

    がんになってしまうか、子供が産めなくなってしまうか、どちらかの選択は女性本人に課せられている。
    その中で、子宮頸けいがんの予防接種が多数を占めるようになってきた。

    何が正しいのか間違いなのか、これは定規で線引きするように決められることではない。
    がんによる死を避けたいのか、子供を授かりたいのか、女性の一人一人で意見が違うだろう。
    否定も肯定もできないが、やはり死に至るワクチンというものを、どのように扱えば良いのか、明確にしてもらいたい。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    134位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。