スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    放射線:砂の入れ替え広がる 基準超え、都内でも


    東京電力福島第1原発事故の影響で、原発から200キロ以上離れた東京都内の保育園や小中学校でも、砂場の使用を中止したり砂を入れ替えるなどの動きが広がっている。砂場の放射線量に関する国の基準はないが、自治体が独自に決めた基準を超える放射線量が確認される所が出ているためだ。自治体や施設関係者らの間では、国による基準の早期策定を求める声が強まっている。

     東京都葛飾区は今月3~17日、住民の要望を受け、区内の幼稚園や小中学校、公園などにある全378カ所の砂場で空間放射線量を測定した。その結果、国際放射線防護委員会の勧告などを基に区が独自に算出した安全基準(毎時0.25マイクロシーベルト)を29カ所で上回った。

     基準を超えると、1日8時間そこにいた場合の年間線量が、人工被ばく許容限度の1ミリシーベルトを上回るという。区はこれらの施設に、砂場の使用を中止するよう要請。今後、砂の表面を削ったり、砂を入れ替えるなどの安全対策に乗り出す。

     砂場で毎時0.31マイクロシーベルトを記録した同区立半田保育園の今井恵子園長は「運動後の手洗いなどを改めて留意している。子供や保護者の不安を解消するためにも、(国は)明確な安全基準を早急に示してほしい」と訴える。

     同様に「毎時0.25マイクロシーベルト」を独自基準にした足立区も、区内の砂場593カ所で測定したところ、35カ所で基準を超えた。砂の交換や砂場を別の場所に移すなどの工事を今月10日から始めている。

     同区の担当者は「健康に影響が出る数値とは考えていないが、国の基準がない以上、区民に安心してもらうための措置だ」と話す。

     一方、練馬区は幼稚園、保育園、小学校計197カ所の砂場で空間放射線量の測定を実施。区の基準(毎時0・24マイクロシーベルト)を上回る線量は確認されていないが、区環境課は「国の基準がない現状では、自治体ごとの対応にばらつきが出るので、住民の不安がなかなか解消できない」と話している。

    毎日新聞 2011年8月30日 11時53分

    ////////////////////////////////////////////////



    200km以上離れた東京でも砂場の除去作業。
    都内100ヶ所で放射線量を計測して汚染状況を調査したが、おおまかに分布は理解できたが、身近な場所はどうなのか?この疑問は消えない。
    幼稚園・保育園の砂場や公園の砂場は、猫のふんによる病原菌繁殖の危険があることから、定期的に入れ替えている場合がある。この際、そのサイクルを早めて実施した方がいいだろう。
    年に1回であるところを今後5年間は2回にするなど、より安全に保つことは、地域の安全、子供がすくすくと育つ安全、将来、医療保険の負担にならない担保、と思えば安いものだ。

    私は5月末に、自宅のマンションの専有部分のベランダを洗浄した。新築で入居して5年が経ち、汚れが床にこびりついていたからだが、いいタイミングだと思う。
    ダイソーで210円のデッキブラシを以前に購入していたので、それを使い、バケツに水を汲んで何度もぶっかけながら、ブラシで窓や網戸、サッシ、手すり、エアコン室外機、置いてあるものをガシガシとこすって洗い流した。
    雨といの流れも悪くなっていたので、それも解消した。
    私の住んでいる地域は、東京都下の多摩地域である。都の調査ではかなり低い数値結果の場所である。
    しかし、その結果を鵜呑みにするつもりはない。
    同じマンション内で同様に洗浄している人がいるのかは不明だが、「そこに堆積しているもの」を洗い流すということでは、放射性物質除去だけでなく、衛生的に良いことだと思っている。


    放射能拡散が続いている現在、雨に打たれないことは大事だが、自宅での被爆量を軽減することも大事だ。
    ベランダのない窓だって、掃除するつもりで洗い流せば、危険は少しでも軽減する。
    ベランダで野菜を作っている場合、全て捨てることも考慮してもいい。
    元々100円位で購入した種をまいて生育していたのだから、外食を1回控えるだけで、どれだけの種を買えるかを考えたら、毎月買い替えてもいいくらいだ。
    緑のカーテンとしてゴーヤなど、食べれる物を植えている人もいるだろうが、福島原発から300km圏内であれば、食べるのをやめた方がいいだろう。
    ホットスポットの存在も指摘されているから単純に距離では言い切れないが、少なくとも、それ位の距離では十分に被爆する可能性があるという意味だ。
    十分に断熱効果を得たのだから、内部被爆しないためには、今年は食べないでおいた方がいい。
    多年草の種類であれば、来年にも実をつけることもあるので、来年を期待して、植物が生成する酸素を吸い込んでいる方がいい。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    138位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。