スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    福島第1原発:200の「つぶやき」 米英独で電子書籍に

    福島第1原発事故をめぐるツイッターの声がボランティアによって英訳され、米英独3カ国で電子書籍として出版された。タイトルは「Save Fukushima、 Save Our Future-200Voices」。米国アマゾンでは1冊2.99ドル。収益はすべて被災者に寄付される。

     企画したのは電子コンテンツ制作会社「Japan MediaUp」(東京都渋谷区)。編集者の田中里枝さん(33)が「幼い子を持つ母の声、農家の声、漁師の声、原発作業員の声……、怒りや不安がツイッターはじめソーシャルメディアにあふれているのに永田町に届かない。もどかしい。それなら、世界にナマの声を届けようと思って」。ビジネスでなく、ボランティアとして奔走した。

     3月11日の震災直後から日を追って200の声を拾った。<娘がトイレットペーパーの買い占めについて、「地震がきたら、うんこがいっぱいでるん?」と言っていた><最悪のシナリオというのは完全なメルトダウンでも大不況でも大停電でもなく、この事態から日本人が結果として何も学ばず……>。国境を超えた9人が訳し、11人のネーティブが校正した。

     「俳優の山本太郎さんや、プロデューサーのデーブ・スペクターさんら著名人の声もありますが、ほとんどは市井の人々。掲載を承諾してくださり、感謝しています」(田中さん)

     日本語版は無料で公開されている。

    毎日新聞 2011年8月23日 19時21分

    ///////////////////////////////////////////////



    Save Fukushima,Save ●ur Future. 200 voices
    で見ることができる。
    世界に届けた200 の声(PDF)です。

    乱暴な物言いも多かったツイッターだが、一定の品度を保ったつぶやきを集めている。
    時系列で並んでいるので、思い出しながら見るといい。
    ただ、海外の人にはどのように伝わるか。少々気になる。
    日本政府や東京電力の対応、自治体の対応、学校の対応を知ってのつぶやきも多いため、これらの対応内容を知った上で見てもらわないと、日本人が感じる部分と違ってしまうかもしれない。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    157位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    76位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。