スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    警察、首相に怒り 米国人顧問任命の方針で

    英国各地で起きた暴動での不手際をめぐり、キャメロン首相と警察の対立が深まっている。首相が対応策として米ロサンゼルス市警の元トップを顧問に迎え入れる方針を示したのに対し、英警察職員組合の幹部は13日、「顔にビンタを食らったような気分だ」と怒りをぶちまけた。

     首相は11日、下院で警察の対応のまずさを指摘したうえで、翌12日、米ニューヨーク市警とロス市警で本部長を歴任し、犯罪抑止に成果を挙げたブラットン氏を顧問に任命する考えを示した。

     これに対し、マンチェスター警察職員組合の幹部は13日、英ITVテレビで「必要なのは5千マイルも離れたところにいる人間ではなく、一層の財源だ」と批判。警察の予算・人員の削減が今回の事態を招いたと反論した。

    MSN産経ニュース 2011.8.14 15:13

    //////////////////////////////////////////////////



    イギリス国内の暴動の対応策にアメリカ・ロス市警の元トップを起用でイギリス警察が怒り。
    これでは、イギリス警察がだめだと烙印を押されたようなものだ。

    若者の暴動を正当化する人は誰もいない。住民だって自衛に立ちあがっている。
    イギリス国籍のアメリカ系黒人も多いため、アメリカ人を起用したかもしれない。
    しかし、あくまでもイギリス国内の問題にアメリカ人を起用する行為は許し難いだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    179位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    83位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。