スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    中国遼寧省で皮膚炭疽、21人隔離 感染牛接触が原因?

    12日付の中国紙、新京報によると、遼寧省鞍山市で皮膚炭疽が発生、10日までに21の症例が報告され、うち3人の感染が確認された。21人は隔離されて病院で治療を受けており、死者はいない。

     炭疽病は炭疽菌が原因で家畜に起こる病気で、人間にも感染する。地元住民が感染牛に接触したのが原因とみられるという。

    MSN産経ニュース 2011.8.12 12:52

    ////////////////////////////////////////////////



    炭疽菌は炭疽症の原因になる細菌で、病気の原因になることが証明された最初の細菌であり、弱毒性の菌を用いる弱毒生菌ワクチンが初めて開発された、細菌学の歴史上で重要な位置付けにあたる細菌。
    第二次世界大戦以降は生物兵器として研究され、テロにも使用されている。
    1993年、日本でオウム真理教が生物テロを試みるが、弱毒化していたために失敗に終わったとされる。
    2001年9月11日からのアメリカ同時多発テロ事件に引き続き、粉末化した炭疽菌芽胞が郵便物として送付され、肺炭疽が発生してした。
    日本ではワクチンが認可されていないため、細菌テロに対する防御が弱いと指摘されている。

    土壌中の常在細菌であり、世界のどこにでも存在しうる細菌で、家畜やヒトに感染して炭疽症を発症させる。家畜から人へ感染するが、人から人へは伝染しない。

    感染の多い例は、家畜のと殺場で働く者が皮膚の傷口から侵入して皮膚で発症する皮膚炭疽。
    また、羊毛を扱う者は炭疽菌の芽胞が呼吸器を介して肺に到達し、肺炭疽と呼ばれる極めて重篤な疾患を起こす。
    また稀な例として、炭疽により死亡した動物の肉を食べたとき、腸管の傷口から侵入して起きる腸炭疽。

    今回の感染は自然常在菌によるものかどうかは明確になっていないが、2007年8月、中国河北省藁城市九門郷地区で炭疽症感染により牛数十頭が死亡、人への感染も確認されている。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 中朝韓ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    138位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。