スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    五山送り火、被災松使用断念…「涙が出そうだ」保存会落胆 被災地は失望

    京都の「五山送り火」への岩手県陸前高田市の被災松受け入れをめぐる問題は12日、京都市が新たに取り寄せた松から放射性セシウムが検出され、使用断念という結末を迎えた。中止から一転して五山全ての送り火で燃やすことになった11日の決着がわずか1日で覆り、古都の伝統行事の歴史に“汚点”が残る事態に。五山の各保存会や関係者からは「まさかこんなことがあるのか」と落胆の声が上がり、被災地には失望が広がった。


    crm11081222320021-p1.jpg


     送り火での使用断念という一報を受けて、五山の各保存会でつくる京都五山送り火連合会の関係者は「話を聞いたときはまさかと思った」と絶句した。

     連合会では、市が新たに取り寄せ、11日に到着した被災松について「大文字保存会が当初、送り火で燃やそうとしていた被災松のしん部分だけを使った護摩木と同じ物と考えていた」という。当初の被災松からは放射性物質が検出されなかったため、16日の本番で無事に使用できると思っていたのだ。

     しかし、今回の被災松は表皮付きの割り木だった。市は「どんな形で被災松が来るのか分からなかった」と説明しているが、放射性セシウムはその表皮を削って集めたものから検出された。


    crm11081222320021-p2.jpg
    岩手県陸前高田市から届いた薪からセシウムが検出されたことを受け、記者会見する京都市の門川大作市長=12日午後、京都市役所


     使用断念について、五山の一つ「妙法」保存会の北野正彦会長は「もともと、放射性物質が出たら燃やすことはできないということになっていた。だが、鎮魂の意味で市が取り寄せたものが使用中止となって非常に残念だ」と話した。

     この日夜には連合会と市文化財保護課が臨時理事会を市内で開催。門川大作市長も出席し、連合会に謝罪した。理事会前、連合会の田中博至会長は「大変な1日。まずは経緯を知りたい」、大文字保存会の松原公太郎理事長も「まだ何も知らない」とだけ話し、硬い表情のまま理事会の会場へ入った。


    crm11081222320021-p4.jpg
    2010年8月の「大文字」の送り火=京都市上京区


     市職員の1人は「二転三転の事態に涙が出そう。くたびれすぎて感想など出ない」と心境を吐露。一方、大文字山近くで飲食店を営む岡田恒雄さん(78)は「放射性物質が出る出ないに関係なく、大文字保存会がいったん中止したのだから、市が取り寄せた被災松も使用をやめておいた方がいいと思っていた」と話した。

    MSN産経ニュース 2011.8.12 22:23

    /////////////////////////////////////////////////



    当初の懸念通りに放射性セシウム検出で、「五山送り火」に被災松の使用中止。
    「復興のともし火」になってほしいという被災地の思いは、現実に直面して断念。

    どちらが悪いのではない。東電が放射性物質を拡散させたから悪いのだ。日本政府が何も対応しないから悪いのだ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    157位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    76位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。