スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    汚染疑い牛、12都県で給食に 基準超2校 文科省調査

    放射性セシウムに汚染された疑いのある牛肉を給食に使っていた学校や幼稚園が12都県の296施設に上ることが、文部科学省の調査で分かった。うち2校では国の暫定基準値を超えるセシウムを検出。健康に影響はないとみられるが、文科省は食材の出荷制限などの情報に注意するよう学校現場に呼びかけている。

     文科省によると、9日現在で、汚染された稲わらを食べた可能性のある牛の肉は、東北から中国、四国にかけての20市町の小中高・特別支援学校278校と幼稚園18園の給食で、カレーや牛丼、肉じゃがなどに使われていたことが判明。横浜市で127校、岐阜市で53校・園、宮城県の4市町では30校・園に上る。東日本が主だが、三重、島根、香川の計4市40校・園でも使われていた。

     在庫の肉を検査できた約30施設のうち、放射性物質が検出されたのは8施設。うち宮城県の特別支援学校と千葉県の小学校の計2校では、国の暫定基準値(1キロあたり500ベクレル)を超える1293~649ベクレルが検出された。ただしいずれの自治体も、1人あたりの肉の使用量は少なく、健康への影響はないとしている。

    asahi.com 2011年8月11日3時2分

    /////////////////////////////////////////////////



    これが政府・自治体の対応の実態。
    政府は補償費を最小限にするために全国に拡散・被災地救済を促す政策を自治体に促す。
    自治体は単価の下がった被災地の農産物・畜産物・海産物を被災地救済という大義名分の下、受け入れ、買い付け、消費を促した。
    それを口にするのは一般消費者。その中で影響が大きいのが児童。
    それ以外の年代だって内部被爆しないに越したことはない。

    福島第一原発は徐々に除去作業が進んでいる。
    8月10日には1号機も循環冷却が稼働した。
    しかし、放射性物質の拡散が止まったわけではない。以前よりは拡散量が減少しただけである。

    稲わらを食べる牛は、今後1年くらいは食べない方がいいだろう。胃袋を4つ持つ牛は反芻咀嚼(はんすうそしゃく)という行動があり、胃袋の食物を口に戻して何度も噛んで唾液と混ぜ合わせて胃袋での消化を促進する動作を繰り返すため、一通りで流れる他の動物(人間も含めて)と比べて、筋肉に放射性物質が取り込まれる割合が高い。
    また、食肉として出荷されるまでの生育期間が2年近い期間となるため、その分、放射性物質の蓄積量も上がる。

    牛肉だけから得られる栄養素は無い。他でも十分補える。違いは味わいだけ。動物性の脂で一番よくないのは牛脂。次に豚、そして鶏。馬・羊・猪は活動量が多く、脂分が少ない。
    BSEの脅威からアメリカ食牛の輸入禁止が起きた2001年。その後、解除されたが現在でも同様の排除が国産牛に広まっている。
    どうしても食べたかったら、病的に肥育したアメリカ牛よりオーストラリア牛、ニュージーランド牛を食べたらいい。
    アメリカ牛は飼育肥料や糖類の多い野菜・果物を与えて病的に太らせて、無理やり霜降り肉を作っている。もしかしたら、加工肉はインジェクション処理をしてから出荷していることも考えられる。
    オーストラリア産牛肉(オージービーフ)は、アメリカ牛と違って牧草での飼育が基本。そのため、アメリカ牛より脂分は少ないが、肉を噛み切る醍醐味が味わえる。
    ニュージーランド産の牛肉は、さらに赤身が多く噛み切るのに顎力を要するくらいに嚙み応えがある。
    実は、アメリカ人も赤身の牛肉を噛み切ることが好きで、日本に輸出されるような霜降り肉は嫌っていて、このような肉を病気肉とも呼ばれている。

    脂=旨味、という図式を見出したのは、もしかしたら日本人かも知れない。
    江戸時代では中トロを捨てていたのに、そこに旨味を見出してしまったのは、明治時代の文明開化かもしれない。
    ちょっと違う点では、フォアグラ。フランス料理の食材だが、ビールを無理やり飲ませて肝硬変になった鴨の肝臓を食べる料理。肝臓=レバーですが、生ではおいしく感じなかった西洋の味覚だろう。

    どちらが体によいものか、ダイエットにはいいか、明確な判定はないのですが、少なくとも脂を食べることを止めることですね。
    脂はオリーブをはじめ、椿油や他の野菜からも脂分を補えます。もちろん魚介類からも得られます。

    現在、食肉の頂点に立っている牛。しかし飼育のための餌の費用が他と比べて一番高くつくのも事実。
    牛を食べる量を減らすことが、今後の環境を守ることになるかもしれません。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    56位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。