スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    「ユニクロ」不振 ファストリ、震災後初の決算は減収減益

    カジュアル衣料大手「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが14日発表した2010年9月~11年5月の連結決算は、売上高が前年同期比1.1%減の6520億円、営業利益が15.3%減の1045億円、最終利益は20.5%減の534億円と減収減益だった。売上高の約7割を占める国内ユニクロ事業が不振だった。6月以降は国内のクールビズ関連商品が好調なことから、11年8月期の通期業績予想は4月発表時点から据え置いた。

     国内ユニクロ事業の売上高は4.7%減の4821億、営業利益は21.3%減の910億円だった。残暑による秋物衣料の苦戦や、前年に「ヒートテック」が好調だったことによる反動、3月の東日本大震災で一部の店舗が一時休業したことなどが影響した。また、素材価格の高騰で粗利益率が低下したことが減益につながった。

     一方で、3~5月の売上高は0.7%増と増収となったうえ、直近の6月の既存店売上高はクールビズ需要で3.9%増と2カ月ぶりのプラスとなった。このため、同社では下期の国内ユニクロ事業は売上高2658億円(7.1%増)、営業利益386億円(9.5%増)など増収増益に転じ、通期の連結売上高は2.6%増の8360億円と増収を達成できると見込んでいる。

     海外事業は中国や香港、韓国の既存店売上高が2けた増となるなど好調で、売上高は25.7%増の736億円、営業利益は49.6%増の97億円だった。

    MSN産経ニュース 2011.7.14 17:26

    //////////////////////////////////////////////



    ユニクロが減収。
    消費者としては、「ふーん、そうですか」としか思えない。

    しかし、今や大企業になった服飾系メーカーであり、景気の動向を判断する上で、ユニクロは外せない。
    その中での減収。
    でも、赤字ではなく、単純に売り上げが伸びなかったと言う事だけだ。
    これをもって経済の停滞だと判断するのは早計だ。

    自粛・節電から、物品の購入意識が低くなり、巣ごもり生活を決め込んでいる人も多いと想像される。そうでなくても、無意味に買い物する衝動買いをする人も減ったと思われる。
    ユニクロに限らず、服飾系は軒並みダウンではないか?

    これまでの、消費・廃棄の時流から、1枚のTシャツを大事に着る気持ちを大事にする時流、モノを大事に使う時流がやってきたと思える。

    今や、日本はモノを消費する充実より、モノを大切にすることに重要さを学んできたと思う。

    モノを売るしかない商売にとっては、今後辛い事になるだろうな。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    251位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。