fc2ブログ










    「暑くなるから揚げ物したくない」 スーパーやコンビニ「節電惣菜」が人気

    節電が本格的に始まって、スーパーやコンビニなどでお惣菜食品の売れ行きが好調だ。

    室温が上がる自宅での揚げ物などを敬遠する主婦、職場のサマータイム導入で早めに帰宅するサラリーマンといった消費者の需要を取り込むため、各社は品揃えや販促に力を入れている。

    「夕市」「4時からデリカ」「サマータイムセール」
    イオンでは2011年7月1日から、家庭での調理による室温上昇を抑えたい客やサマータイム導入で早めに帰宅する客を狙い、夕方の16時からできたての惣菜を提供する「4時からデリカ」を、グループのスーパー約1200店舗で実施している。

    通常できたての惣菜が店頭に並ぶのは夕方ピークの16時30分~17時だが、これをサマータイムにあわせて16時に早め、多い日で通常の2~3倍の量を用意する。広報担当者によると、餃子やコロッケなど、調理に熱を使う揚げ物・焼き物を中心に売れ行きが好調で、「節電への高い意識のあらわれではないか」と話す。

    イトーヨーカドーでは6月29日から、開店から正午までを「朝市」、16~19時を「夕市」としたタイムセールを、食料品を扱う全国約160の店舗で実施している。夕市では簡単にできる夕食メニューやできたての惣菜を提供していくという。

    ダイエーも「電力供給ピーク時間帯や日中の暑い時間帯のお買い物を避けるといった傾向が見込まれる」として、同様に朝夕で1時間ずつ「サマータイムセール」を関東の74店舗で6月23日から実施。日替わり、数量限定で惣菜や弁当を安売りしている。

    コンビニの店内調理メニューも多彩に
    セブン-イレブンでは、から揚げなどの揚げ物が好調という。コンビニ各社はこの夏、家庭での調理を控えたい人や早めに帰宅するビジネスマンの「家飲み」ニーズを想定し、積極的に商品を強化していく方針だ。

    ローソンは「家飲み」のつまみや夕食のおかずとして「炭火焼き鳥」(7月5日発売)を、サークルKサンクスは「家庭の台所支援」と銘打って「焼きとり もも」(7月12日発売)を、それぞれ店内調理のメニューに追加。ファミリーマートは大分県の人気唐揚げ専門店「もり山」のから揚げを5月末に発売している。

    各社はこういった惣菜以外に、調理時間の少なくて済む「時短メニュー」や冷えていてもおいしく食べられる「冷やしメニュー」の加工食品販売にも力を入れており、食品市場では「節電メニュー」バトルが白熱している。

    J-CASTニュース 2011/7/11 11:30

    ///////////////////////////////////////////



    節電のために自宅で調理せず惣菜を買う?
    これは怠慢な主婦の言い訳だ。もっと言えば、結局、楽をするための詭弁だ。

    自宅で揚げ物をすると廃油の処理で手間取る。煮物をすると室内に熱がこもり冷房費が掛かる。それは事実だが、今の季節に作らなくてもいいものだ。揚げ物を食べなくてもいいし、煮物は秋になってからでいい。
    野菜炒めなどの炒め物はせいぜい5分以内で調理できる。漬物などの冷えたものは元々火を使わない。ポテトサラダなんて、ジャガイモを茹でたら後は手作業だけだ。夏でも人気のあるカレーは、煮物では無い。

    なにより心配なのは、放射性物質に被曝している材料を食べさせられる危険だ。

    ポテトサラダのじゃがいもやキュウリはどこで取れたものか?知る由も無い。牛肉・豚肉はどこ産なのか?分かることもない。ほうれん草のおひたし、どこで取れたものか分からない。農家が放射性物質により廃棄処分しようとしていた農産物を狙って買いあさっていた業者もいる。表向きは「廃棄処理を請け負いますよ」と言って買い付け、廃棄せずに加工食品に利用する。
    生鮮食品の産地偽装は疑っても仕方ないが、少なくとも信用して食べるしかない。でも、加工食品・お惣菜は加工品であるため、産地の表示はもとから無い。だから、放射性物質汚染地域の産地ものを使われても分からない。電気代を抑えるよりも、内部被曝を防ぐ方がよっぽど大事だ。しかも、節電を呼び掛ける電力会社は原発が必要だという宣伝でしかなく、本当は節電をしなくても十分足りてる。

    放射性物質が拡散されて、ますます自宅で調理する重要性が増しているという事実を知っておく方が、今後の健康被害を考える上で重要だと認識することだ。


    また、大人気などと言われて買ってみようという人もいる。
    「節電でお惣菜が大人気!」こんな見出しで買う人もいる。決して騙されてはいけない!これは店の宣伝文句だ。
    この宣伝文句で買う人は、これまでもいろいろな宣伝文句に乗ってしまう人だろう。
    別に悪い事ではないが、乗せられているという自覚を持ってもいいだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    「暑くなるから揚げ物したくない」 スーパーやコンビニ「節電惣菜」が人気―【私の論評】流通業の業績回復は、業界の素早い対応によるもの?それにしても、コンビでも鶏肉が救世主?

    こんにちは。各社最近の消費者のニーズにあわせて、いろいろ対応しています。最近の動きとしては、いわゆる「節電惣菜」があります。これは、スーパー、コンビニで見られるものですが、各社結局鶏肉に力を入れています。ファスト・フードでも鶏肉に力を入れるところが多くなっています。鶏肉に関しては、やはり、比較的安いし、栄養価もありますし、安心・安全、ヘルシーというイメージが強いということでしょうか?まだ、現状のように電力供給など不安定な時など、供給する側としても、鶏肉であれば、比較的供給しやすいということがあるのだと思います。それにしても、飲食業界は5月で対前年比を上回りました。コンビニは、既存店ベースの売上高は前年同月比+5.7%と7カ月連続のプラスとなりました。いずれにせよ、最近は、震災など暗い話題ばかり多かったのですが、コンビニや、ファストフードなど、業績が回復しているというのが喜ばしいです。このまま、本当に景気が良くなって欲しいものです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

    Re: 「暑くなるから揚げ物したくない」 スーパーやコンビニ「節電惣菜」が人気―【私の論評】流通業の業績回復は、業界の素早い対応によるもの?それにしても、コンビでも鶏肉が救世主?

    コメントありがとうございます。お久しぶりです。

    鶏肉は成長が早く65日で出荷でき、しかも量産しやすいから各メーカーは調達しやすいですね。また牛豚よりもヘルシーというイメージが浸透しているため一定量の客層がいますね。そこに目を付けたのがマクドナルドの昨年のアイコンチキンで、ケンタッキーの牙城崩しに挑みましたが。
    コンビニのレジ横で売られているフライドチキンやナゲット等、鶏肉系はおやつにもなりますし。

    放射能汚染で牛肉が問題になっていますが、鶏は出荷が早いため、また飼料も配合物であるため、内部に含有する量も少ないと見られています。

    「節電惣菜」が景気回復のきっかけになることは良いことですが、産地の分からない農産物を買うことは避けたい思いです。




    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    72位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    39位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR